FC2ブログ

W-ZERO3 [es] のファーム1.50a

ちょっと国内旅行に行っていたりで間隔があいてしまい、いつのまにやら年末モードに…。新しいブログの立ち上げは正月にでも行うとしてですね、うだうだとW-ZERO3ネタをば。

私のW-ZERO3 [es]は、Willcomのオンラインストアで購入したものですが、購入のファームは最新ではなかったので、それが確認できたあとすぐに、リリース後間もない1.50aのファームウェアにアップデートしました。

世間のブログなどを見ると、W-ZERO3 ([es]を含む)では、サスペンドから復帰して2秒以内にキー操作などをすると合計10秒くらいは操作ができない時間があるということで、これはminiSDカードドライバの問題だそうで、miniSDカードを使っていないときは関係ないそうです。

で、私のはというと、1.50aでも同じようになってしまっていました。あれれ?1.50aではそれが直っているという人もいるようなんだけれど…。ふと、Today画面を見ると、PowerCheck(これはiPAQ時代からの愛用で、外部メモリカードの空き容量も表示しています。また、NextTrainTodayもインストールしていて、オリジナルのNextTrainとデータファイルともにminiSDにインストールしていました。

ふむ、これが原因だろう、ということで、NextTrainとNextTrainTodayおよびデータファイルを内蔵メモリにインストールしなおし、PowerCheckをアンインストール。

これで再起動して、KeyLockSusperderを/suspendモードで使っている入っているのでキーロックスイッチをロック側にスライドしてサスペンドさせ、またすぐに戻して、ウィンドウズキーを押すと…。瞬時にしてメニューが出てきました。

(^_^)/ 

というわけで、W-ZERO3[es]の1.50aでは、Today画面にminiSD上にインストールしてあったり、miniSD上のデータを使うようなソフトを使わない限りは、サスペンドからの復帰に時間がかかるという問題はクリアできているようです。

よかった、よかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR