FC2ブログ

レンズ沼

写真を趣味とする人の中に通じる言葉で、レンズ沼って言葉あります。具体的にはレンズ交換式一眼レフやデジタル一眼レフを使い始めて、最初に買ったレンズ(大抵は標準ズームでしょうか)ではカバーできない領域が数多あることがわかってきて、望遠やら広角やらマクロやら短焦点やらズームやらを欲しくなり財産を費やすことを言います(笑)。

私はその財産が無いのでレンズ沼とやらにはまりたくてもはまれないわけでありますが、それでもさすがに標準ズームだけってわけにはゆきませんので、望遠を持っております。

常用しているのはZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5ですね。これ、とても素晴らしいレンズでありまして評判も非常にいいですね。ZUIKO DIGITALは松竹梅と明確にランクが分かれていて、SUPER HIGH GRADEシリーズ、HIGH GRADEシリーズ、STANDARDシリーズとありまして、プロからサンデーカメラマンまでカバーしています。このZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5はミドルクラスのHIGH GRADEシリーズで、E-1ボディとあわせて防塵防滴仕様になっています。

もう一本がZUIKO DIGITAL 40-150mm F3.5-4.5です。こちらはSTANDARDシリーズで防塵防滴ではありません。ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5とは価格差は非常に大きいですが、必要かつ十分な性能を備えています。何より、a href="http://olympus-esystem.jp/products/lens/50-200_28-35/index.html" target="_blank">ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5はテレ端(35mmフィルムで400mm相当)でもF3.5と非常に明るいですが、その分大きくて重く三脚座を入れると1kgを超えてE-1ボディより5割以上重く気軽にもって出るというわけには行かないです。その点ZUIKO DIGITAL 40-150mm F3.5-4.5は小型で軽くて機動性に飛んでいます。35mm換算で300mmというのは手持ちの限界でもありますので、ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5とは用途やシチュエーションがおのずから異なるということでしょう。

最近、というか以前からですが、欲しいのがマクロですね。DIGITAL ZUIKOにはマクロが二本あります。ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MacroZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macroです。

STANDARDシリーズのいいところは小型軽量レンズが多いということでしょう。この両者も前者は165gで後者は300gと倍くらい違いますし、価格も倍以上違います。ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macroのほうはあきれるくらい軽くて拍子抜けしますので、これまた両方あってもいいのではとつい思ってしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR