FC2ブログ

単焦点の良さ

私が持っているコンパクトデジタルカメラはGR DIGITALを除いてすべてズームレンズですし、E-1ですら交換レンズはズームです。

写真は足で撮れなんていいますが、要するに自分が動いていいアングルを探せということでもあります。とはいえ自分が動ける範囲には限界があるのも事実なので、現実にはズームは非常にありがわたいわけです。ですが、ズームレンズは短焦点レンズに比べるとレンズ構成が複雑になり、レンズも単焦点に比べると暗くなりシャープさに欠けるようになるとかいろいろディメリットもあります。

これはどちらかが一方的に良いとか悪いという話ではなくて特徴なわけです。すなわちそれらの良いところと悪いところを知った上でシチュエーションや目的によって使い分けなさいということですね。

266_1.jpg

(RICOH GR DIGITAL, ISO64, F5, 1/143, 絞り優先AE, WBオート, マクロ)

実のところ、OLYMPUS DIGITAL ZUIKOの交換レンズで21~24mm相当程度の単焦点が欲しいのですが存在しません。存在しないものは仕方ないです。ズームレンズが一般的になってしまい単焦点はあまり売れないということでしょうか。そういう意味でもGR DIGITALの存在は大きいと感じます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR