FC2ブログ

日本の自転車行政に思う

海外から戻るたびに思うことですが、東京で人口が多い故にごみごみしているとか、人がつっけんどんで冷たくキレやすいとかいうのは、人口密度が上がるとどこの国や地域でも出てくる現象なので仕方ないとしても、確実に改善可能なのは自転車へのルールのあり方です。

今の日本はあまりにも自転車に対して野放しであります。どこに留めても駐車違反で摘発されることもないですし、歩道を我が物顔に歩行者に怖い思いをさせて通っても滅多にとがめられることもありません。赤信号も一旦停止標識もどこふく風です。とても教育水準の高い国とは思えませんね、はっきり言って。

そこで提案。

[1] ヘルメット着用義務付け

年齢性別を問わず事故や転倒時に頭部を保護するためにヘルメット着用を義務付けます。違反者には例外を認めず数千円の罰金を果たしましょう。18歳未満の場合は保護者に罰金です。たとえ10メートル乗るのでもノーヘルは罰金です。

[2] 自転車購入時の身分証明と車両登録制度

いわゆる自動車のナンバープレートと同じです。放置自転車は自動車やバイクの駐車違反として所有者(=購入時登録者)に罰則を果たします。点数は自動車運転免許対象ではないので罰金のみを果たします。18歳未満の購入では保護者の名義とします。

[3] 徹底的なルール違反取締り

最近は少し厳格に取り締まるようになったようですが、これを徹底的に厳密にやります。自転車も車両であり免許こそ不要であるものの、道路交通法を遵守すべきものであり法を犯せば罰則が待っていることを理解させます。特に子供を乗せたものを含む二人乗りは厳重に取り締まりましょう。

自転車は健康にもいいですし、排ガスも出さない(まあ、人間の呼吸による排ガスはありますが、さすがに人間に呼吸するなとはいえない)クリーンで便利な乗り物ですが、だからといってルールがないとか、他人に迷惑を与えたり、脅威を与えたりすることが許されるわけではありません。

本来ならエチケットとして守りたいことですが、それがまったくできない以上は法できちんと取り締まり守らせるしかありません。今の日本は、物言わずとも通じるような昔の日本とは違います。はっきりと言葉と態度で示さねばならないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR