FC2ブログ

日本の社会は酒酔い運転に甘い!

先日も悲惨な事故がありました。酒を飲んで80km/h以上を出して同乗者のほうを向いて話に夢中になり、他の車に追突してしまいその車は海に落ちてしまい幼児3名が死亡するという事故です。。自損事故を含めると酒酔いによる事故は後を絶たないが、特に許せないのは他人を巻き込む事故です。

そもそも日本の社会は酒酔い運転に甘すぎるのではないかと思いますね。酒を出す店が広い駐車場を持っているとかは地方では当たり前になっているようです。まあ交通の便を考えると駐車場があるのは営業的にやむをえないでしょうが、ドライバーに酒を飲ませた店は即刻営業停止にするなどの強い処分が必要でしょう。すなわち飲酒運転で検挙された場合は、どこで飲んだのかをはっきりさせ、その店を直ちに無期限営業停止にするわけです。こういう仕組みは欧米では結構あるようですが、日本はそういうところには甘いですね。店の営業権とかよりも人の命に重きを置いていないのでしょうか?営業権>人の命なのでしょうか?

また、酒酔い運転で検挙された場合は、次回の免許更新を受け付けないで運転免許の完全自動失効とし、通常の期限切れ失効とはことなり完璧に免許なしのゼロからの取得を義務付けるようにすべきでしょう。それも、実技試験は試験場でのみ受験させ教習所経由での免除は認めない。また試験場の実技試験も失効理由が酒酔い運転の場合は、採点基準を通常より厳しくすべきです。事実上の免許取り上げになるかもしれませんが、それが嫌なら酒酔い運転などしなければ澄む話ですから、別にたいした問題ではないです。さらに通勤途中も含む業務中の飲酒運転は経営者にも上記に準じた厳罰を与えるべきです。通勤途上といえども仕事の一環ですから従業員への日常での指導は必要です。

前回の道路交通法改正くらいでは甘すぎますね、はっきり言うと!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR