FC2ブログ

小江戸・川越

先週の土曜日のことですが、糞暑い中を「小江戸・川越」に行ってきました。都内から川越へ行くには、JR、東武東上線、西武新宿線のいずれかがありますが、私は今回西武線を利用しました。西武線ですと「小江戸・川越フリークーポン」というのがありまして、発駅からの西武線往復がニ割引+小江戸巡回バス乗り放題です。東武線にも「小江戸川越クーポン」というのがあって、同じく往復ニ割引と東武バス「小江戸名所めぐりバス」と東武バスの指定区間が乗り降り自由になります。

この日は九州は台風で大荒れでしたが、関東地方はかなり良い天気で気温もうなぎ上りの状態で、しばらく歩いて立ち止まると汗が吹き出てきました。久しぶりにOLYMPUS E-1をお供に、サーモスの真空断熱ケータイマグ JMX-500に冷たい烏龍茶と氷を入れて、メモのために測量野帳をもっていざ出発。

「小江戸名所めぐりバス」を使うと旨く名所を回れます。バスのドライバーがガイドしてくれるのですが、中院・喜多院・仙波東照宮のブロックが最初です。次は川越城本丸御殿・川越市立博物館・川越市立美術館のブロック、そして蔵の街・蔵造り資料館・時の鐘・菓子屋横丁といった昔のいい雰囲気を残したブロックです。これらを回ると丁度いい具合に一日かかって、都心に戻るころには夕飯時分になります。

236_1.jpg

小江戸巡回バスは写真のような小型のレトロバスですが、一台だけバリアフリーの近代的な車両があります。このバス、サイズが非常に小さいため定員も少ないのが難点です。そのため、川越城本丸御殿・川越市立博物館・川越市立美術館では博物館前から乗るのではなくすぐ手前の本丸御殿から乗車、蔵の街・菓子屋横丁では菓子屋横丁の手前の蔵の街から乗るのがコツのようです。


こちらは川越城本丸御殿です。川越城は天守閣の無い平城(ひらじょう)なので、城というより非常に大きなお屋敷といった感じです。そとは非常に暑いのですが城の中は涼しいです。天井が高く風通しが非常に良い昔ながらの作りです。ただし、冬はめちゃくちゃ寒かったでしょうねぇ。

236_3.jpg

城内の一角に早くも色づいた葉を見つけました。早くも秋の予感?本丸と博物館は目と鼻の先です。本丸・博物館・蔵造り資料館の三箇所入場できて料金はたったの300円。一箇所だけなら100円という安さです。しばし、江戸の昔に思いをはせましょう。

236_4.jpg

蔵の街では川越名物?時の鐘を見て、ゆっくり散策と思いましたが、丁度二時過ぎで一番暑いとき。観光客も日陰を選んで歩いております。さすがに腹が減ったので、菓子屋横丁へ行く途中にある「うなっ子」でよく冷えたエビスビール(グラス)を一杯。いや、うまい!そして食事には16時までのうな丼(850円)でしばし休憩。蔵の街で見つけた風鈴屋さん(いや、別に風鈴だけを売っているわけじゃなくて鉄瓶とかそういったものを扱っていました)の店頭の風鈴が涼しそうな音を立てていました。通りがかりの外国人観光客も「いい音だねぇ」としばし聞きほれていました。

菓子屋横丁をふらふらして、また蔵の街まで戻りバスにのります。川越の駅についたら16時前でした。丁度よい感じですね。

いやぁしかし暑かったです。今度は涼しくなり秋の声が聞こえるようになったころに、今度はもう少し歩くところを増やしてゆっくりいきましょうかね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR