FC2ブログ

国として子供を守る強制力を持った法律を!

子供をめぐる悲しい話、とりわけ本来子供を守り育てるべき立場にある保護者による、虐待・暴力そして殺害などを聞くと、なぜこういうニュースに流れるようになる前に、公的機関は対策を打てなかったのか疑問が湧き出します。

特に家庭内については警察は民事不介入と口当たりのよい言葉で、犯罪が発生するまで知らぬ顔を決め込むようです。虐待・暴力などになる前に予防するのも警察や国、自治体の役目だと思うのですが、どうにもそうした意識が欠落しているようです。

日本には児童相談所という児童保護施設がありますが、身内の虐待などに対しては即効力のある強制的な保護措置の行使はできないのでしょうか。あるいは、親が怪我をした子供を医者につれてきたとき、子供の様子や怪我の状態に不振な点があり、医師が子供の保護の必要を感じたとしても、それが実行に移されることもなく、まして強制的に子供を保護するようなことはないように聞きます。

昔から子は国の宝なんていいます。最近は昔と違って隣近所の目というのもほぼ無いに等しい状態で、法律による子供の保護もほとんど無いに等しい状態です。特に警戒すべきは、最近は昔は考えられなかったような親が増えているということではないでしょうか。

悲しい話ではありますが、あまりに悲しい話が多いと、実効性のある法律を整備して子供を家庭内暴力・虐待から守る・強制的な保護措置を取れるようなことも国として考えざるを得ないのではないでしょうか。残念ながら今の日本はそういうところに来てしまったように思います。現状の児童相談所のようにぐだぐだ調査してから行動を起こしていたのではすでに手遅れになります。まずは行動を起こす、しかるのちにきちんと調査する、疑わしきは保護する、という視点での施策が必要だと思われます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR