FC2ブログ

Vodafone 703SHf

私は携帯電話については近年ずっとボーダフォンを使っています。ここ1年少々の間に使っていたのは、前ブログでも度々紹介していたNokia 6630のVodafoneバージョンである702NKです。いわゆる3Gですね。

702NKを使い始めたころはPIMもこれを使っていましたが、PIMをPocketPC(HP iPAQ hx2750)メインにしてからは、702NKのPIM機能はすっかり出番を失っていました。最近気になっていたのが、おさいふ携帯、いわゆるEdyのついた携帯。携帯のメーカーとしてはいくつか使ってきましたが、私は一がシャープで、二が東芝。あとはぜんぜんだめだめって信念の持ち主です(笑)。

そこで703SHfを昨日入手しました。すでに3GでUSIMを持っていますから、機種変更じゃなくて買い増しですね。ボーダフォンアフターサービス会員価格で1年~1年6ヶ月だと10,500円。それにボーダフォンのポイントを使って、残りはヨドバシポイント充当して支払いはゼロ。



結論からすると「これはイイ!」。私の場合、チンケなデジカメ機能はほとんど使わない、大してバッテリーも持たない半端なミュージックプレーヤー機能不要(iRiverが二種類ある!)、ワンセグ?電話とは別に10時間くらいバッテリーで使えて全部で120g程度で価格が上がらないならあってもいいかも、くらいのものなので、いわゆるハイエンドはまったく興味なし。

さて、703SHfですが、Bluetooth内蔵でして、付属のSyncManagerを使えば、702NKと同等とまでは行きませんが、Outlookで管理しているスケジュールとアドレス帳をシンクロもしくは流し込みができます。付属ソフト(あるいはSHARPからダウンロード可能)とPC側にBluetoothがあれば、ケータイなんちゃらとかいう連携ソフトなんぞ不要なのです。

また、付属のHandset Managerでは703SHfの本体またはminiSDカードのデータフォルダ(ピクチャー、ムービー、着メロ・サウンド、その他ファイル)とPCとでデータのやりとりをワヤレスで行うことができます。さらに任意の画像ファイルを簡単に携帯の壁紙にしてしまうとか、着メロ用のMIDIコンポーザー機能とかできます。Outlookのアドレス帳との連携だけではなく、電話帳単独でPCへダウンロードしてPCでマスターを管理して適宜携帯に送り込んだりできます。

さらに、これにはXMDF形式の電子ブックリーダーがついています。Space Townブックスから電子ブックを購入することもできます。ですが、ほしかったのは辞書。東芝の一部端末にはヘボい辞書が入ってますがあれじゃあね。ですが、Space Townブックスには、とりあえずまともな辞書があります。残念ながら英英辞典はありませんが、高校生程度の辞書としてスーパー・アンカー英和辞典があります。この辞書は多すぎず少なすぎない説明と比較的多めの用例などがミソです。電車の中でペーパーバックを読んでいてどうしても調べたくなる語というのがどうしても出てきますので、そういうときにありがたい。

いや、結構いいです、これ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR