FC2ブログ

ネックストラップ・ヘッドホン

というわけで、買ってきました、ネックストラップ・ヘッドホン。

ネックストラップ・ヘッドホンにはいろいろありますが、ヘッドホン自身はインナーイヤー(密閉型)という、いわゆる「カナル(耳栓)形」というもの。都会で地下鉄なんぞに乗った日には、普通のオープンエアのインナーイヤー・ヘッドホンじゃぜんぜんダメダメなんですな。『グワー、ゴー』ってな走行時騒音でかき消されて語学(英語)はもとより音楽なんかも聞こえやしないのです。

で、ネックストラップのカナル型ヘッドホン。調べてみると、audio-technica ATH-CK5TNSSONY MDR-NX1Panasonic RP-HNJ50などがあるようです。

SONYのカナル型は一つもっているのですが、どうも音が趣味に合わない。モゴモゴって感じでかなり篭るんですよね、なんというか極端に言えば耳に水が入った感じ、もう少しオーディオ的に言えばカマボコ型ってやつ。そして音圧レベルが結構低いのが気に入りません。audio-technicaもハイエンドの密閉型は大変いいのですが、購入当初は低音が出にくくエージングすると見違えるって話もあるので興味あり。

Panasonic RP-HJE50は、iriver H340で使っていまして、非常に気に入っているので、これのネックストラップ版ともいえるPanasonic RP-HNJ50にすることに決めましたが、色が…。

せっかく、iriver T10が綺麗なredなのに、Panasonic RP-HNJ50にはredがない。

ところが!です。ビックカメラの店頭(通販サイトにはないようです)を見たら、ビックカメラ・オリジナルと称してPanasonic RP-HNJ50のLimited Editionでredがあるじゃないですか!

ためらわずに買って早速使い始めます。SONY MDR-NX1は、よく見るとわかりますが、プレーヤーを支える部分がヘッドホンのコードだけなのです。ちょっとくらいじゃ大丈夫でしょうが、基本的にこんな細いコードに本体を支えさせちゃダメよん、これSONYタイマーの仕掛けかしらん?

一方Panasonic RP-HNJ50のほうは、ヘッドホンコードには無用な重量や力がかからないようになっていますので安心度が高い。大いに気にいりました。ヘッドホンそのものを耳から外したときに、ぶらぶらしないようにストラップにとめておける(写真参照)のもGOOD!


OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm(F2.8-3.5)

ちなみに、これ、安全ストラップということで強い力がかかると、首の後ろの安全接合部が外れて首を絞めないようになっているらしいです。会社で使っているIDカードのストラップ(支給品にあらず)も安全ストラップに自主的に交換していたりしますが、それはどうでもいいとして、本当に外れるのか試してみました。

ぐわーん!外れるのは外れました。ですよく見ると、外れるべきところから外れなくて、安全接合部の根元からストラップがブッチ切れてしまっています!(爆笑 後 号泣)。これ、安全接合部とストラップが完璧にくっついているのですねぇ、ですから安全接合部の根っこからストラップが切れると再起不能なんですわ

あーあ。普通のカードケースの安全ストラップの接合部が流用できないかなぁ…。

教訓:要らぬテストはするべからず。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR