FC2ブログ

SANYO eneloop

サンヨーが昨年11月14日から発売した新しいタイプのニッケル水素(NiMH)電池の商品名が「eneloop」と言うものです。

OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm(F2.8-3.5)

今までのNiMH電池を使ってみて最大の弱点はやはり自己放電の大きさなのです。従来のNiMH電池は、充電してすぐにガーっと一気に使い切るような使い方に適していて、ちまちまと使っては保管して使っては保管して、あるいは充電して忘れたころに使うという乾電池的な使い方には向いていないのです。そういう使い方だとコストを考えるとやはりアルカリ電池しかないのです。充電しておいても、使いたいときにはローバッテリーってのが従来のNiMH電池で悩まされたのですよね。

この、eneloopは従来のNiMH電池とは違って、自己放電が少ないといいます。その特性をうまく使って、出荷時に充電しておき、買ってから充電しなくても使えるようにしています。とはいえ、起電力は1.2Vとアルカリ電池の公称1.5Vより低いので、機器を選ばないといけないケースがありえるのは従来どおり。

それと公称容量は単三で2,000mAhと、同じサンヨーの従来型NiMH電池(単三)の2,700mAhに比べると四分の三くらいのものなので、一気にガーと使ってしまうならまず間違いなく従来型のほうが良かろうと思う。けれども、なかなか、そうガーっと一気に使ってしまう用途ってのはないので、使って保管してつかって保管してという間欠使用なら結果としてeneloopのほうが良さそうに思えるのです。

というわけで、このeneloopを使ってみての感想はしばらく後からってことで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR