FC2ブログ

マクロ比較 (Caplioo GXとCaplio R2)

ちょっと暇だったので、電磁波を吸収するというサボテン君にモデルになってもらって、Caplio GXとCaplio R2のマクロ撮り比べをしてみた。

どちらも、ワイド端のマクロモードで三脚を使用し露出とフォーカスとISOはオート、レリーズは手ブレを防ぐために2秒のセルフタイマーを使用し、画像は横幅500picsに縮小したものを掲載。

RICOH Caplio GX (F2.7 1/90 ISO125)

RICOH Caplio R2 (F3.7 1\30 ISO154)

ちなみにできるだけ同じ場所になるように縮小なしで500x375picsで切り取ったのが次の写真。

RICOH Caplio GX (F2.7 1/90 ISO125)

RICOH Caplio R2 (F3.7 1\30 ISO154)

残念ながらR2のほうがちょっとピントがずれている(後ピン)になってしまった。
ちなみに、DiMAGE A1のテレ端マクロでさらにMARUMIのクローズアップレンズ+4をつけて同じものを撮影して縮小なしで切り出したのが下。ミニ三脚でアンチシェークがオンの状態でのセルフタイマー撮影。だが、やはりEVFはやはりマクロのピントは合わせにくい。

MINOLTA DiMAGE A1 + MARUMIクローズアップ+4 (絞り優先AE F5 1/60 ISO100)

使ってい思うのは、DiMAGE A1はマクロ系は弱いしクローズアップをつけてもこの程度のアップなのであまり得意じゃないってこと。EVFもMFだとあわせにくい。そういう点では、Caplio GXが個人的には好みかもね。理想的にはCaplio GXでメモリ書き込みが高速になり、アンチシェークが付いて、今でも十分持つけれどさらにR2なみの原子力電池的なパワーと、2.5型の液晶モニター、そしてもう少し段階の細かい絞り優先AEができれば、無条件に即買いだけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR