FC2ブログ

水道管破裂の爪痕

各種ニュースメディアで報道されているが、今日の早朝に練馬区内にある地下鉄有楽町線平和台駅前交差点の地下に埋設されていた水道管が破裂し周囲の道路が冠水し、民家や商店も床上浸水したという。

筆者は、今日の午前中に偶然にも用事があってこの平和台を訪れた。水道管が破裂した道路は完全に陥没していて信号機が倒壊寸前になっており、現場では信号機をレッカーで支えて復旧工事が始まっていた。

筆者は、「練馬区北町」と報道されたのは知っていたがそれが平和台駅前とは思わなかった。いやはや行ってみてびっくりである。

筆者は外出するときにはたいていコンパクトデジカメのRICOH Caplio R1をバッグに入れているのだが、取り出してこの光景を納めた。
(写真はいずれもRICOH Caplio R1)

iRiver H340の専用液晶リモコン

昨日、iRiverプラザ新宿で予約をしておいた、iRiver H300シリーズ用の液晶リモコンが入荷したとの連絡が入ったので、早速取りに行ってきた。iRiverプラザで3,980円也。

まずは外箱だが、シンプルでありパーツの箱みたい。

本体へのコードとイヤホン(ヘッドホン)が同じ側から出てくる最近流行のタイプ。デザインはiRiver iFT-700/800シリーズを思わせるところがある。下の写真は正面の写真。

続いて側面の写真。


裏側についているクリップはがっちりとしていて頼もしく、厚手の皮製バッグのショルダーストラップなどにも問題なくとまる。たとえば、筆者愛用のCOACHのduffle sackのストラップなどでも全然平気なのはありがたい。

このリモコンで何ができるかというと、本体でできることはすべてできる。
以前持っていたCreativeのMuVo2 FMでは、フォルダ間移動などはできないし、チューナーとMusicの切り替えもできないというクソッタレだったが、こちらのリモコンは使えますな。
ただ、カラーではなくてモノクロなのでやはり少々みずらい。というか、本体の綺麗なカラー表示がいかに視認性をあげているかよくわかるということ。

H300シリーズユーザーならこの液晶リモコンは必須だと思う。付属にするならやはりこういうのを標準付属にして欲しい。そのために本体価格が+2000円になってもかまわない。

Vodafone 702NK USAMEMORY.NETのことなど

ちょっとUSAMEMORY.NETの話題からご無沙汰しています。話題がないわけじゃないのです。インターナル情報はいくつかあるのですが、まだここで発表できる段階ではないですし、その許可も出ていません。

512MBは、以前に3月末から4月上旬ということをお知らせしていますが、その線で今のところ大きなズレはないようです。ただ、価格がいくらになるかは気になるところでありますね。

256MB DV RS-MMCは米国内や日本を売り先として順調に出ているようです。今のところ欠品などにはなっていないので、すぐにほしい方で海外通販をいとわぬ方はどうぞ。

702NKで使えるのはDual Voltageのものだけです。USAMEMORY.NETでいうと、このページに掲載されているもの(現時点では128MBと256MB)だけであり、DVではないRSMMCは買っても702NKでは使えませんのでご注意ください。

512MBについては、発表できる段階になったらすぐにここに掲載しますので、512MB狙いの方は引き続きマメにここをチェックしてください。

新しい情報がなくて申し訳ない… m(__)m

iRiver H340で映画を見る

iRiver H340はたいした奴で、ファームウェア1.20以降(最新は1.27)で動画再生が可能になっている。対応しているフォーマットは、同サイトによれば…

[ビデオ]
 ファイル形式: AVI
 コーデック: XviD MPEG4 (XviD 1.0.2コーデック推奨)
 解像度: 220 x 176のみ
 フレームレート:最大10fps
 ビットレート:最大500Kbps (450Kbps以下推奨)

[オーディオ]
 コーデック: MP3
 ビットレート: 128Kbps, 44.1KHz

である。今日はこれをためしてみようというわけだ。とりあえず筆者所有のDVD(Harry Potter)をaviファイルにしてみよう。

必要なのは、iriverterというフリーソフト。ダウンロードはここからだ。ダウンロードして普通にインストールすればよい。irivereterを実行して必要なオフションを設定すればOK。詳しくはHELP(英文)をどうぞ。あるいはここに詳しく書かれている。

簡単には…
・Device H300 Series
・Bitrate Videoは450Kfps未満(250~300程度で十分だろう)
・Bitrate Audioは128Kbps
・Normalize Volumeにチェックを入れたほうが多分ベター
・Pan and Scanは好みでどうぞ

あとは、DVDドライブに手持ちのDVDを入れて、New→DVDで出てくるウィンドウのGUIにしたがってチャプターを選択したり、音声や字幕の選択、出力先を指定してGO!。そして待つのみ。

ちなみに、筆者は270Kfpsにして152分のハリーポッターが合計431MB(iriverterで実際には三分割される)となった。ちなみに、分割されないオリジナルのAVIは長すぎてH340では再生不能である。

さて、再生すると…
無事OK。このAVIはDivXのプレーヤーをインストールすればDivX Playerで再生できる。

これでチューナー付きキャプチャーユニットとかあれば、録画した語学番組やお気に入りの番組をモバイルで見ることができる。もっとも、動画再生でどれくらいバッテリーが持つのかはわからないけれど…。聞くところでは数時間は持つらしいけれど。

MP3やWMA,OGGが再生(エンコードも可能)できて、外付けマイク/内蔵マイクでのボイスレコーディング、FMチューナー(録音可能)、動画再生可能、USBホスト機能内蔵でUSB接続のカードリーダーを使ってデジカメデータをバックアップ可能。こんなソリッドオーディオプレーヤーはH320/H340以外にはないぞ。

iRiver H340がやってきた

このところVodafone 702NKの話ばかりなので、ちょっと書いているほうも飽きてきたから、今回は違う話題。

日記を読んでいただいた方はわかると思うが、iRiver H340を買った。

経緯はこの日記とかあの日記を読んでいただくと分かるはずだ。

………(前述の日記たちを読んでいただいている時間)

さて、そういうわけで主要条件を再確認。
・感度の良いFMチューナー内蔵
・外付けマイクが使えるボイスレコーダー
・USB2.0のストレージクラス対応(つまりファイル転送に専用ソフトやドライバが不要なこと)
・見やすい液晶(以前のiRiver iFP-390Tは文字が小さすぎ!)
・HDDタイプで20GB以上
そして極めつけ条件が
・USBホスト機能内蔵でUSBストレージやUSB接続カードリーダーを認識できること
ということ。

最後の条件は非常に重要。飛鳥のTripperシリーズなどはCFカードを差し込んでデジカメ写真のバックアップが撮れるがSDカードはアダプタ必要であり、価格と容量のわりにはっきりいってかなりお粗末というしかない。はっきりいってCFのバックアップしかできない専用機としてはボッタクリすぎである。で、iRiver H320あるいはH340はといえば、Tripperなどの基本機能はすべてカバーしている上に、USBホスト内蔵(残念ながら1.1だが…なぜだぁ!)、ボイスレコーダー、マルチフォーマット・デジタルオーディオプレーヤー(MP3,WMA, ASF, Ogg Vorbis),FMチューナー搭載ときたもんだ。とにかく、前述の条件を全て満たす日本語を表示できて日本で入手可能な唯一のMP3多機能プレーヤーである。バリエーションとしては80GBとかも作ってよいと思うが、できればUSBホストも2.0に対応して欲しいものだ。

H300シリーズについては、iRiverのサポーターズコラムに詳しいが、スタパ斎藤氏のH340の記事もなかなか良いのでそれらを参考にしていただくとよかろう。

FMチューナーの感度は愛用のソニーのライターサイズラジオSRF-M95に迫るものがあるし、MuVo2 FM 5GBとは比べ物にならないよさ(というかMuVo2 FM 5GBのチューナーが感度悪すぎで使い物にならない)で筆者の環境では大満足である。いくらオマケの機能でも使えないようなオマケではないほうがマシである。MuVo2は4GBを取り出した殻をヤフオクで安く入手し512MBのCFを入れて生き返らせ、あろうことかFMチューナー付きリモコンまで買って使っているが、FMチューナーに関してはこちらのほうがずーとマトモだといえる。

USB2.0ストレージクラス対応なのでWindows XPにはそのまま接続するだけでファイルの転送が可能になる。普通に外付けのHDとしてPCから使用できる。液晶もサイズが大きくカラーであるから非常に見やすい。

さて、USBホスト機能のほうだが、筆者は最初からデジカメ直結するつもりはない。カードリーダーを接続するのだ。だが、どのカードリーダーでも良いというものでもないようだ。筆者はデジカメにはCFタイプとSDカードタイプがあるので両方が読めなくては困る。

昨日アキバの某所で999円で手に入れたLOASのCRW-7M28SLというのは、ケーブル収納で携帯に都合が良いが、CFはOKでもSDがダメだった。筆者のメインPCにつないでいるSIGMAのCRS5XDSVはどちらもOKだったが、これは702NKのDV RS-MMCがアダプタなしで使えるので外したくはない。というわけで、これ用のを一つ買わないとね。どうせなら、同じSIGMAのにすればDV RS-MMCも読めるからもう一つ買いますか。

ちなみに、今はH340でSylvie Vartanの「あなたのとりこに」を聞いている。これ、ANAの羽田空港第二ターミナル供用開始されたときのCMのバックグラウンドの曲。飛行機達が踊りまくっているやつだ。

Vodafone 702NK USAMEMORY.NETで送料値下げ

さきほど、USAMEMORY.NETから連絡が入り、FedExとの交渉が実り国際送料を大幅に値下げすることができるようになったそうです。筆者も先ほどWebにて確認したので間違いありません。

Fedex International:
  1 piece of memory $25.00
  2-10 pieces $40.00
  11-20 pieces $50.00
  20-30 pieces $60.00


と注文数量により異なります。256MBを一枚注文するときは、従来ならメモリ本体($89.99)に送料($35.00)がかかったわけですが、これが本体$10値下げ、送料も$20値下げとなり、合計で$20の値下げとなり、送料込みでは$104.99、およそ11,200円ほどになり、2100円ほど従来よりお得になります。

海外通販も結構使っている筆者から見ると、正直なところ、envelopとはいえFedExを使って送料が$25なら十分に安いと思います。USAMEMORY.NETは日本のユーザーへの販売にも熱心で対応も非常に早いと思われます。ただ、当然ですが、何か直接交渉するときは英語でメールを書かないといけませんが…。

Vodafone 702NK USAMEMORY.NETで256MBが値下げ!

USAMEMORY.NETから速報が入りました。

USAMEMORY.NETでは、USD!0.00値下げされ、従来価格USD89.99からUSD79.99に値下げされました。512MBはまだ高そうな予感ですが、512MBまでは要らないから256MBがすぐにほしいかたは、USAMEMORY.NETを検討する価値は大いにあります。256MBについては、USAMEMORY.NETは在庫を持っているのですぐに出荷可能、さらに数日内に30ほど入荷するとのことでした。

余談ですが、ここから先は個人輸入での物品送付方法についての一般論です。

USAMEMORY.NETも使っているのがFedExですが、ここは送料が高いのが難点です。しかし信頼性は非常に高く、なおかつ早くかつ確実に届きます。一方いろいろな意味でもっとも信用できなくてリスクが高いのがUSPSの普通郵便の利用です。

USPSの普通郵便を利用すると送料は劇的に安くなります(そりゃそうでしょう、一般の郵便だから)。しかし、万一荷物が届かないときには、相手がものを送った証拠も一切無ければ、当然のことながら弁償なども存在しえません。お金を払ったけど届かない、でも相手は送ったと言い張る。詐欺かもしれないし紛失や盗難の可能性もあります。ですが、保険もかかっていませんから、これはほぼ間違いなく泣き寝入りでしょう。海外通販ではUSPSによる格安の一般郵便による物品送付は絶対に避けるべきです。UPS、DHL、FedExなどが使えるところから買うべきです。送料は確かに安くないです。しかし、国内でもちょっと距離があると小さなものでも宅配便では千円近くかかったりしますから、それを考えると太平洋の向こうから来るのだから致し方ありません。ケチった結果、全ての支払い額をどぶに捨てることになりかねませんのでご注意を。

[追記]
JackOneさんのweblogでも当weblogをご紹介いただきました。
ありがとうございます。

Vodafone 702NK USAMEMORY.NET近況

USAMEMORY.NETのその後の近況メールが届いたのでお知らせする。

128MBのDV RS-MMCは在庫が充分にあるらしい。256MB DV RS-MMCのほうはというと、現時点で十数個のストックということで、結構回転が速いらしい。

お待ちかね?の512MBの情報。ATPの初回出荷分は、ごく限られたところにしかまわらないようだが(真偽は定かではないが…)、担当者の言葉を借りれば「USAMEMORY.NET」は、512MBの初回リリースをある程度の数仕入れることのできる世界でも限られたリセーラーだということだ。今の予定では当初のアナウンスどおり3月末~4月始めになろうとのこと。

ATPはDV RS-MMCを使うスマートフォンのヘビーユーザーにとっては、256MBがスタンダードになるのではないかと見ているらしい。

最後にGOOD NEWSの予告。現在、USAMEMORY.NETはFedExとディスカウント交渉をすすめているそうで、今のところ現状より多少送料が安くなりそうだとのことだ。具体的な送料などは情報入手次第お知らせする。

Vodafone 702NK Pop-port to 3.5mmアダプタ

この写真、オークションで落としたもので、Nokia 6630 (Vodafone 702NK)のPop-port(底部の端子)に接続して3.5mmのミニジャックに変換するものだ。Oggplayerなどで音楽を再生する場合において、自分の好みのヘッドフォンを使いたいので落とした。

ところがどっこい、このアダプタ、実はモノラルであった。ステレオヘッドホンを差し込むとちゃんと左右から音が聞こえるのだが、Nokia純正付属のヘッドホンマイクを使うとステレオで聞こえるマライアキャリーが、こいつを使うとモノラルになっちまう。

うーむ、外したか…。

Vodafone 702NK 今更だけど702NKで音楽を楽しむ

折角256MBのDV RS-MMCを買ったのだからということで、普通の用途では後楽園球場でキャッチボールをしているようなものだ。こうした携帯機器でメモリを必要とするとすれば、筆者の場合は第一に辞書である。Buckingham EB PlayerのSymbian OS版ばあれば物凄いことになるのだが、残念ながらそいうものは存在しないし、何よりオリジナルの作者さんはネットから完全に身を引いておられるのである。

第二はやはり音楽データである。筆者はいくつかMP3プレーヤーを使ってきて、現在はCreatie Muvo2 FMを愛用している。5GBの容量は現時点ではかなり充分である。それに比べたら256MBなんて、1/20しかないではないか!といってもちょっと前まで使っていたiRiverが256MBだっけ(笑)。

さて、Vodafone 702NKでは残念ながらMP3はそのままでは再生できない。しかし、超勝手アプリの力は偉大で、OggPlayというOggフォーマット(同じレートならMP3より若干サイズが小さくなる)のプレーヤーがある。

さっそくHalWinで解凍してインストールしてみたが、一発で普通に動いた(当たり前といえば当たり前)。早速、CDからお気に入りのマライヤ・キャリーをCDexでOggに落としてみた。

Oggはデフォルト設定では日本語表示できないが、こちらを参考にするとよいであろう。先人に感謝である。

なかなか、良いねぇ、これ。いや、まて、これは512MB DV RS-MMCへの危険な道である。早めに身を引くとしよう。

[参考リンク]
SourceForge.net: Project Info - OggPlay:
http://sourceforge.net/projects/symbianoggplay/

CDex :: Home:
http://cdexos.sourceforge.net/

MP3 (CDex Japanese Language file)
http://www1.plala.or.jp/tsoma/mp3.html
プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR