FC2ブログ

またもや雪

一昨日に続き、今日も雪となった。
アメダスの記録では昼間の東京の気温は最高でも3度、練馬では2度を上回ることもなかった。
身を切るように冷たい風も吹いていて、手袋や帽子にマフラー無しでは辛い。
E-1を持ち出して自宅そばの雪景色を撮ろうとしたのはいいけれど、寒くて…。

OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 40-150mm(F3.5-4.5)

初雪

東京近郊での初雪である。
昼前後は結構降ったけれどボタン雪なので、勤務先のほうは積もらなかった。
でも、自宅のほうでは日の当たらない建物の北側には結構雪が残っていて、すでに凍り始めていた。
ようやく本格的な冬だ。

NIKON COOLPIX 4200

青い空

今年夏のシドニー旅行のときのオペラハウス。
陸上からとった写真はあまり綺麗な角度ではとれない。
Manly Ferryへのフェリーに乗るとちょうど良い角度になるところを通るのである。

シドニーの空は、あきれるぐらいに真っ青である。
どこにカメラを向けても空を少し背景に入れればそれで画になってしまう不思議なところ。
東京では秋から冬にかけて、年に一度か二度見られればラッキーという青い空が、いつもそこにある。空が青いと気持ちも晴れ晴れとするから不思議である。

CANON PowerShot A80

ようやく寒くなってきた

ようやく12月らしい寒さになってきた。
まあ、これまでがアホみたいに暖かすぎたのであるが、本来寒さが苦手の筆者もチトうれしい。
やはり日本というか東京でも、雪は無理でも冬場は厳しく冷え込む日がないと冬とはいえない。
そうでないと、春のうれしさがないではないか。

OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 40-150mm(F3.5-4.5)

ホワイトクリスマスはもはや夢?

予報では夜半から雪がぱらついて、40年ぶりのクリスマスになるといっていた。だが、実際には冷え込むのは冷え込んだが、雪は降らなかったようだ。
日本の都市の中でも温暖化が著しい東京では、12月下旬が紅葉ピークとなり、もはやホワイトクリスマスは夢となり、下手すれば雪を見ることすらなくなるのも時間の問題のようだ。

OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 40-150mm(F3.5-4.5)

もっと紅葉

もうひとつ、同じ公園での紅葉をば。

OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 40-150mm(F3.5-4.5)

まだまだ紅葉

先週の週末のことだけれど、いつもの公園にE-1を連れていってきた。
とっくに、紅葉なんぞはなくなっていると思ったら、無くなるどころがまさにピークであった。
先月末はまだまだ緑だったのが、今はほとんどのもみじが真っ赤だった。
緑の多い林で、真っ赤なもみじは非常に鮮やかに見える。
買ったばかりのZUIKO DIGITAL 40-150mmを装着していろいろ撮ってみた。
やはり150mm(35mm換算で300mm)くらいないと…ネ。

OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 40-150mm(F3.5-4.5)

カカオの実

白く小さく可憐なカカオの花がやがてカカオの実になる。
最初は薄いグリーンだがだんだん茶色になってくる。
チョコレートやココアに使うのは、この茶色のでかい実の中に入っている種である。種を発酵・乾燥させることで、チョコレートなどの原料になるらしい。

OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm(F2.8-3.5)

カカオの花

写真はカカオの花である。
白い小さく可憐な花が太い幹から直接咲くのが特徴で、カカオの語源はギリシャ語の「神」と「食べ物」の合成語であらしく、さぞかし貴重な作物だったのだろう。

OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm(F2.8-3.5)

コンパクト三機種+E-1、テレ端

一昨日に続き、今度はテレ端。テレ端の場合はワイド端以上にレンズ性能の差や画像処理の差が現れてしまうように思えるがいかがだろうか。

(写真下) PENTAX Optio S4

(写真下) RICOH Caplio R1

(写真下) NIKON COOLPIX 4200
(写真下) OLYMPUS E-1, DIGITAL ZUIKO 14-54mm

(写真下) OLYMPUS E-1, DIGITAL ZUIKO 40-150mm


以下は等倍で中心部の塔根元付近とその近くの建物部を切り出したものである。こうやって等倍で見ると差は歴然としている。Optio S4はもやもやしていてダメダメ(笑)である。Caplio R1は一見すると非常にシャープなIXY DGITITAL的な画になっているが、実はコントラストが強いのとエッジが強調されているだけである。その不自然さはどうかなと思うが、全体的に悪くはない。COOLPIX 4200は筆者としてはもっとも自然に写っているように思える。過度のエッジ強調もないのは、E-1の画と比べてもわかるであろう。

(写真下) PENTAX Optio S4

(写真下) RICOH Caplio R1

(写真下) NIKON COOLPIX 4200

(写真下) OLYMPUS E-1, DIGITAL ZUIKO 14-54mm

(写真下) OLYMPUS E-1, DIGITAL ZUIKO 40-150mm
プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR