FC2ブログ

電源ユニット交換

私がメインでメールやWebに使っているのはPanasonic Let's note CF-Y4なんですが、デスクトップ(自作機)もありまして、こちらは周辺機器がいろいろぶらさがっております。

最近、こいつのファンが甲高い音を立てるようになりました。サイドパネルをあけて音がどこから出ているのかを確認しました。このマシンには前面吸気ファンと、背面の排気ファンがシャーシのファンで、あとはCPUファンと電源ユニットのファンです。ビデオカードはうるささからファンレスにしてしまいました。

耳をあちらこちらに近づけてみると、どうやら電源ユニットの冷却ファンのようです。これは今ではちょっと旧タイプとなった内側のファンと背面の小型ファンのデュアルファンでして背面の小型ファンのほうが甲高い音を立てているようです。

面倒ではありましたが、やむを無いのでユニット交換です。400Wの静音タイプを買い求めましてこちらはシャーシ側に大型ファンが一機あるだけ。コンバイン出力も今の構成には十分です。電源ユニット買ってかえり、PCをベランダに持ち出してエアダスターで内部をお掃除。いや一年はたたないかもしれないのですが、それなりにほこりがあります。吸気ファンのところにフィルタをつけているのでかなりマシではありますが…。

最近の電源ユニットは従来のIDE用の4Pの電源の数が少なくて、S-ATAの電源が沢山あります。これはこのデスクトップには困る(なんせS-ATAデバイスは一つもない)ので、電源ユニットのS-ATAを4Pメス(2個)に変換する2分岐変換ケーブルも買っておく必要がありました。

なんだかんだと買い物を入れれば半日がかりとなりましたが、静かになりましたし中のお掃除もできたので良しとしましょうか。

ちょいテレ

バッファローからUSBメモリのような形状のワンセグチューナーが出ています。その名も「ちょいテレ」(笑)。

ロジテックから一足先に出ていたのですが、バッファローのほうは録画ができるんですね。まあ、ワンセグのような画面で録画してどうするって話はありますが、とりあえず実売価格が同じなら最初から録画できるほうがいいかも。ちなみに、ロジテックのほうも録画できるソフトを今月公開するそうですが…。

実は、昨日新宿ヨドバシに立ち寄りまして、B1の周辺機器コーナーを見ていて見つけたのです。

342_1.jpg

我が家は都区内の鉄筋コンクリートのいわゆるマンションですが、西側に小さな窓がある我が家の真ん中のダイニングでは、付属のロッドアンテナではどのチャンネルも入りませんでした。ですが、付属の外部アンテナをつけるとほぼ問題なしで効果抜群。

342_2.jpg

まあ、これで見ることができたからどうだって話はありますが、普段使うノートPCの画面のい隅っこでテレビを見ることができるのはいいですね。特に愛用のPanasonic CF-Y4は画面解像度が1400×1050と大きいのでワンセグの小さな画面なら他の作業をしながらでもほぼ問題ありません。

タスクトレイ

PCを使っていて、ふと思いついて画面のタスクトレイを撮ってみました(笑)。なんでまた…って感じでありますが、考えてみたらタスクトレイの内容っておそらく十人十色じゃないかと思うわけであります。

302_1.jpg

これは、Panasonic CF-Y4で私が使っている場合のタスクトレイなんです。家族でも娘のPCのタスクトレイ、妻のPCのタスクトレイと皆個性があります。会社でも皆違いますね。他人のタスクトレイって、見慣れないものが沢山あって結構面白かったりします。

キーボード

愛用のPanasonic Let's note CF-Y4のキーボードをGR DIGITALで横から撮ってみました。

272_1.jpg

(RICOH GR DIGITAL, ISO64, F4.5, 1/3, 絞り優先AE, WBオート, マクロ)

フォーカスはマクロモードでAFターゲット移動機能を使って"H"の刻印のところにもっていっています。

以前使っていた(今も旅行用に使っていますが)CF-T2のキーボードは長い間使っているとキートップの文字が剥げ落ちてきました。今のところCF-Y4ではそういう気配はないようです。キートップの剥げたノートってちょっとテンションが下がってしまいますからねぇ。

もっともパナソニックのLet's note 10周年記念ということで、CF-T2が無償リフレッシュ対象になっていたので、キーボードやパネルを無償で新品交換してもらえたので、今はピカピカですが…。

太っ腹Panasonic

私の愛用しているノートパソコンは、Panasonicのもので2003年に購入したCF-T2と今年購入したCF-Y4の二台でどちらも現役活躍中です。

先日、Panasonicからメールが届きまして、レッツノート10周年記念と称して特定のモデルを対象にリフレッシュサービスを無償で行ってくれるというものです。私のCF-T2(T2でもモデルが沢山ある)は該当機種に入っていたので、早速申し込みました。指定した日に日通がパソコンポで引取りに来て中一日で再びパソコンポで帰ってきました。

Panasonicは修理(メンテナンス)に出すと神戸の工場で作業を行い、修理明細には作業担当者の名前と顔写真が入っているのですが、今回のリフレッシュサービスも全く同じでした。対処内容は…

 ・キーボード交換
 ・トップケース交換
 ・タッチパッド交換
 ・タッチパッドボタン交換
 ・サイドカバー交換
 ・ウイルスチェック
 ・バッテリー点検
 ・ハードディスク点検
 ・ACアダプター点検(点検の結果ケーブルに痛みが見つかったので予防交換で新品になった)
 ・一般動作確認
 ・清掃
 ・「リフレッシュサービス」利用者への該当機種の「バッテリー」を格安(市価の半額ほど)提供のお知らせ

というもので、見かけに関しては天板と底板以外は新品になりました。パームレストのインテルシールもピカピカ!普通ならここまで交換すればそれなりに費用を取られるわけで、全体ではそれなりの万円単位の金額になるはずです。

CF-T2はPentium Mの900MHzで、CF-Y4は1.6GHzですが、ゲームとかするわけではないので実施亜のところCF-T2も全く問題なく現役ですが、Y4は1GBまでメモリを増設していますので、増設してない256MBのままのT2はさすがに厳しいです。というわけで、楽天のアドテックダイレクトで購入しました。

このメーカー直販ショップはなかなか対応も迅速で、梱包をあけるとなんと静電気防止手袋まで同梱されている親切。いや、メモリを通販とかショップで買っても静電気防止手袋をもらったことなんか無かったです。価格も他店よりかなり安いですし、目当ての機種用のメモリがあればお買い得。

というわけで、太っ腹なPanasonicに再度感動を覚えて、ますますPanasonicのファンになりました。
プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR