FC2ブログ

Krispy Kreme

公私でこれまでシドニーへ三度行っていますが、シドニーで楽しみなものがKrispy Kremeのドーナツです。

337_1.jpg

来月には新宿南口に日本第一号店がオープンするそうで楽しみであります。で、シドニーなんですが、シドニーですと、手近なところではCity RailのWynyard stationの近くにありますし、あとは国内線ターミナルおよび国際線ターミナルにあります。

国際線ターミナルのほうは、セキュリティエリアの外、つまり出国手続きの前だけでして、中に入ってしまうとありませんのでご注意を(笑)。

私が好きなのは、定番のOriginal Grazedです。味と食感的に近いと思われるのはミスター度ナッツのハニーディップの味で、フレンチクルーラーの食感というのが比較的たとえとしては近いかもしれません。

日本に一番近いところでは韓国にあるそうですが行ったことがないんで、仕事やらプライベートやらで行くシドニーのほうが縁があったりします。先々週のシドニーでも帰りに国際線ターミナルでOriginal Grazedを一つ美味しく頂きました。ああ、また食べたい。12月が楽しみです!

燃油特別付加運賃に思う

原油の高値安定が続いてるおかげで、国際線航空運賃への燃油特別付加運賃も高値安定です。JALの場合、オセアニアでは片道13,600円、すなわち往復では27.200円となり、家族三人ではなんと81,600円にもなります。

原油価格の推移を見てみると、1999年1月には円建ての日本到着価格で8,143円だったのが、2006年8月にはなんと6倍以上の52,330円となっており、円安とあいまってさらに加速しているように見えます。大型ハリケーンによるアメリカの自身での精製能力不足や、イラク情勢の不安定さ、さらにOPECの供給能力の減少による影響でどうにも天井が見えないようです。さらにかつては供給国であった中国が経済発展により輸入国に転じるなども原因の一つのようであります。

数十年という中期的な見方をするならば、供給可能な原油は減少することは疑いないとされちえるようで、現実的には現在経済的に使える技術をもってして利用可能な原油の量には限りがあることは疑い無いですね。電力は徐々に原子力に切り替わりつつありますが、自動車や船舶、航空機の燃料は今のところ有望で経済的な代替策はありません。特に航空機になると代替策は皆無といってもいいでしょう。

ところが現代は航空機や船舶を使った物資や人の移動は年々活発になっており、需要は高まる一方です。それこそドラえもんの「どこでもドア」でも発明されない限りは、有効な代替策は無いままになってしまいます。物資輸入大国である日本が受ける影響は益々高くなります。脱石油とかいっても、航空機や船舶が石油に依存する限り日本の経済は決して安定は迎えられないでしょう。

それが、身近なところで短期的には「燃油特別付加運賃」という形で現れています。この先あまり明るい材料はありません。一時的には回復もあるでしょうが、私達の石油依存が続く限り私達の子供や孫の世代まで文明的な生活を続けることができるのでしょうか。JALの運賃のページを見ていてそういう不安が沸いてきました。節約は寿命を延ばすことはできますがやがて迎える最後の時期をなくする効果はないという意味では究極の対策にはなりえません。本質的な対策は現時点では全く無いといっても過言ではないでしょう。

ケアンズから帰着

1日から8日まで、家族では二度目、個人では三度目のケアンズに行ってきました。過去は6月とか7月だったので、朝晩は長袖がないと涼しくて夜もTシャツ・短パンで寝るのは、宿のエアコンによりますが寒いくらいでした。ですが、今回は9月ということで、朝から晩まで半そでで十分でした。地元の方の話によれば、やはり6~7月と9月ではそれくらいの違いはあるのだそうで、これからさらに暑くなり湿度も高くなってゆきます。

宿のほうは、いわゆるホリデーアパートメントのCainrs Aquariusです。掛け値なしのオーシャンフロントで目の前には水平線が広がり、広いリビング・ダイニング、フルキッチン、インルームランドリーと2ベッドルームと2バスルーム(ただしバスタブではなくシャワーのみ)で、A$214/nightでした。ワイキキだと一泊US$で数百ドルはかかること間違いないロケーションと室内です。

ただし、アウトリガーとかいったホテルタイプの施設ではないですから、フロントデスクもないですし、コンシアージもおりません。どちらかといえば悠々自適のリタイア組とかが住んでいたり、そこそこ余裕のある人がホリデーを過ごすために所有しているような感じの場所です。したがって、ツアーの団体客といった騒々しい団体は入りませんので、家族で静かに過ごすには最適でして、最高!でした。日本語の通じる余地はまったくありませんので、「プチ生活する」ためにはある程度英会話ができることが必須になるとは思いますが、騒がず家族で静かに過ごしたいむきには最高だと思います。CBDにも完璧とほ県内ですのでスーパーへも徒歩数分~10分程度なので車が無くてもまったく問題無しです。

さらに、ここは全室オーシャンフロントでして、さらに全室海側ですので、はずれというものがほとんど無いように思えます。以下の写真はリビング・ダイニングにあるバルコニーから見える風景です。

244_1.jpg

リビングからは目の前に水平線が広がります。

244_2.jpg

東向き(ケアンズなので海は陸から見て東側にある)なので、この時期の6時半過ぎにはきれいな夜明けを見ることができます。

朝はこの時期ですとすでに結構暑いのですが、夕方4時とか5時ごろに、ここのバルコニーの椅子に家族で座ってクラウン・ラガー(私が大好きなオーストラリアのビールです)を飲むと最高に気持ちよかったですね。

なお、日本からケアンズへの便は早朝着ですが、アーリーチェックインをしたいときは、一泊分を追加で支払う必要があります。予約時にフライトの到着予定時刻と宿へのおおよその到着時刻を書いておきます。ここは、レセプショニスト(受付)の勤務時間が月曜日から金曜日の8時~夕方4時までと決まっており、レセプショニストが居ない場合は正面のドアはロックがかかっており、専用の電子タグがないと中に入ることすらできません。したがって、早朝の到着のときは出発一週間くらい前にレジデントマネージャーにメールしてリコンファームをかねて到着時にどうすればよいかも確認しておきましょう。ちなみに、そういうときは知らされた手順でインターホンでマネージャーに連絡をする必要があるんですけどね。

ともあれ、詳細はいずれ旅行記のほうにあげます。

JR山手線日暮里駅でエレベーターが使えます

成田空港への玄関口のひとつが、京成スカイライナー停車駅の日暮里駅だと思います。ここでJR山手線と京成スカイライナーを相互に乗り換える人は多いと思います。

長い間、JR山手線日暮里駅にはエスカレーターもエレベーターもなく、バリアフリーの観点からしてかなり問題があるのはもとより、海外旅行者の間でも「これは京成を利用させずNEXを使わせようとするJR東日本の意地汚い陰謀に他ならない」とささやき続けられた最低最悪の場所でした。

しかしその陰謀にも終止符が打たれるときがきたようで、日暮里駅周辺のバリアフリー化により、北口側の京成とJRも改善されることになり、ついにJR山手線側でエレベーターが利用できるようになりました。

実は、9月1日から8日まで海外に遊びにいっておりましたが、1日には気づかなかったのですけれど、8日はたまたまスカイライナーの2号車でしてもっとも近い階段が北口側だったので、そのときエレベーターが使えるようになっていることを偶然に知りました。

これから大荷物で海外に日暮里経由でおでかけの皆さん、山手線は内回りなら先頭車両近く、外回りなら最後尾近くにのり、日暮里では上野と反対方向の西日暮里側のホームの一番端にエレベーターがありますので、利用しましょう!

[参考]
JR東日本:侵攻中の建設プロジェクト
http://www.jreast.co.jp/construction/proj01_main.html

スーツケース ProtecA SPECCHIO

手持ちのスーツケースのでかいほう(73cm)が、かなりガタが来たのでケアンズ家族旅行を前に買い換えました。

最初は定番のREMOWAも考えましたが、高いんですわ、日本で買うと。これは、欧州旅行でもしたときに現地で買うのが一番安い。日本だと倍以上になっているようで…、今回はちょっと検討の土台にも乗らないことが判明しました。

で、気になっていたのがProtecA(プロテカ)のSPECCHIO(スペッキオ)です。以前から、今度スーツケースを買い換えるときはTSAロックのタイプで軽い奴にしようと決めていました。73cmサイズだと容量があるのでどうしても重くなりますからスーツケースは軽量でかつ丈夫なやつがいいと考えるわけです。

210_1.jpg

昔はスーツケースといえばABS(Acrylonitrile Butadiene Styrene)樹脂のものが定番でしたが、最近はより敬称で丈夫な素材のポリカーボネイト素材のものが出てきます。そこで目を付けたのはProtecAのSPECCHIOですね。都合のよいことに73mタイプはキャリーハンドルがついておりません。このサイズになるとキャリハンドルにあまり必要性を感じませんし、それがあることによる収納のしにくさが嫌いであったりします。

ところが、どっこい、SPECCHIOはこの春にデビューしてから新聞記事などでも紹介されたらしくて人気が高いようで、フルサイズ全色在庫がある店はまず無く楽天などでも軒並み完売状態です。結局、私は某デパートで取り寄せをしまして、数日で手に入りまして、いわゆる友の会割引で若干割引をしてもらうことができました。

73cmタイプでも単体重量4.6kgと他の同サイズに比べると三分の二ほどの重さでかなり軽く感じます。また、四輪キャスターも非常にスムーズで私の持っていた無名の従来品よりかなり静かであったりします。

210_2.jpg

ロックはTSAロックでして、写真では画像加工で消しておりますが、オフィスの机の鍵のように鍵番号が入っていて、万一鍵を紛失してもこの番号で鍵を注文することができます。また、アメリカ国内やアメリカ往復のフライト搭乗以外ではマスターキーのあるTSAだけではちょっと心配ってときには、南京錠を付けることもできます。ですが、まあ、スーツケースで鍵がかかっているならば、そこでごそごそあけて盗むことような面倒なことをせず、スーツケースごともっていってしまい安全なところで壊して中身を盗み殻は捨ててしまうと思われますね。そういう意味であまり南京錠には意味がないかもしれません。この南京錠用の穴を通して、ワイヤーロックでホテルの室内のどこかに施錠して繋いでおくというのは、宿の不埒な従業員対策としては大変意味があるかもしれません。いずれにせよ、ホテルの部屋から出かけるときには、スーツケースを開けっ放しなどでは放置しないことです。私は朝部屋を出るときは、少なくともスーツケースは蓋をして施錠してクロゼットにきちんと入れておきます。

さて、我が家の小さいタイプもガタがきつつあるので、次の買い替えも66cmタイプのSPECCHIOですね!

ProtecAのWebサイト
http://www.proteca.jp/
プロフィール

aichanworld

Author:aichanworld

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR